ごあいさつ

本日は弊館ホームページにご訪問いただき、誠にありがとうございます。

諏訪市美術館は長野県最初の公立美術館としてオープンいたしました。昭和18年に建てられた片倉製糸の「懐古館」を当時の趣のまま美術館として利用しています。

展示場は1階と2階があり、1階は円柱形の柱を配置した洋風の趣となっています。反対に2階には1階のような柱はなくダンスホールのような印象を与えます。入り口にはスロープ、さらに身障者用トイレ・階段昇降機・図書閲覧スペースなども備えております。
※エレベーターの設備はございません。足のご不自由な方は、昇降機に乗り換えて2階へ上がっていただけます。

静かな時間の流れる館内で、ゆっくりと作品をご鑑賞ください。

収蔵作品

全国的に著名な作家や郷土作家の近代美術作品を中心に、日本画・洋画・彫刻・工芸・書など多岐にわたって、約 1,400 点を収蔵しております。

なお、展示の内容は(細川宗英彫刻コーナーを除く)随時展示替えを行っております。時期によってはご覧いただけない作品がありますので何とぞご了承ください。ご覧になりたい作品等ございましたら、事前にお問い合わせくださいませ。(諏訪市美術館/0266-52-1217)