Exhibition


平成30年度企画展「石井柏亭と信州の美術―県展70周年記念」


長野県展が70周年となる記念の年に合わせ、第1回の県展では信州美術会副会長を務め、その後信州美術会2代目会長を務めた石井柏亭の作品をはじめ、所縁の作品を紹介します。
石井柏亭は、明治15(1882)年、日本画家石井鼎湖の長男として東京に生まれます。浅井忠に入門し洋画を学び、水彩画、油彩画を描き、東京美術学校西洋画科選科に入学してからは、黒田清輝らの指導を受けます。雑誌『明星』へ詩作を発表するなど文学の面でも才能を発揮。日本水彩画会や二科会結成の中心的役割を果たすなど、画家としてだけではなく多方面で活躍しました。
柏亭は諏訪市美術館とも深い関わりがあり、信州浅間温泉へ疎開して2年後の昭和22(1947)年、諏訪市美術館の前身である諏訪美術館が開館したときには副館長を務めており、柏亭から寄贈された貴重な作品が現在も残っています。
本展では、柏亭が信州で過ごす中で描かれた作品や、一緒に芸術活動を行った作家の作品を紹介するとともに、現代の県展で活躍する地元作家作品の中から、県展での受賞作品を展示いたします。信州の美術が柏亭をはじめとする名だたる芸術家たちによって発展し、活発な美術活動が続いて今に至っているということを知っていただく機会となれば幸いです。



  • 会期:2018年7月28日(土)~9月24日(月・振休)
  • 時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 入館料:一般510円、小中学生150円 
  • 障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名まで同額)150円
  • ※会期中、9月2日(日)までは小中学生無料。諏訪地域の小中学生は9月2日以降も無料
  • 休館日:月曜日、祝日の翌日 ※8月12日は祝日の翌日ですが開館します。
  •  
  • ※8月15日(水)は、諏訪祭湖上花火大会のため交通規制あり。


  • /石井柏亭《山河在》
  • 石井柏亭《山河在》松本市美術館蔵



  • /石井柏亭《中心酒客》
  • 石井柏亭《中心酒客》松本市美術館蔵